Kaleidlife
ヒマなOL・表参道ともよん(仮称)の日常を記載していたBlogの跡地。
たまーに調べたこととかが載りますが、基本は更新されません。
傍観者と当事者

先日無事に誕生日を迎えました。美味しかったです。

私は自分に甘いので、自分へのプレゼントと称して思い切った買い物をすることがあります。今回は通勤ならびにランニングのお供にするBluetoothの防水イヤフォンでした。
最近のって音漏れしないし、遮音性高いのに外の音もちゃんと解るしで、本当に進化してるんですねぇ。
特に、人の声だとは判別できてかつ内容までは解らないって、通勤電車やランニングに最適な、絶妙の遮音具合だと思います。

その、Bluetoothのイヤフォンを使いはじめた日のこと。
通勤電車でぼーっと音楽を聴いていたら、隣の人が何か言ってたんですよ。ですがイヤフォン効果で内容までは解らず。
まだ加減が解んないし音漏れさせてたかな申し訳ないな、と思いつつ、相手の話を聞こうとイヤフォンを外しました。

…あれ、音してないじゃん、これで耳に入れてる状態なら全くと言っていいくらい音は漏れないよなぁ、と疑問に思いながら「すみません、聞こえなかったのでもう一度言っていただけますか?」と聞き直してみました。

隣:だからぁ、寄っかかるのやめてくれる!?

私:はぁ、寄っかかってませんけど。

隣:私、斜めに立ってるのよね!!

私:はぁ、混んでますもんねぇ。

そこで反応がなくなったのでまたイヤフォンを耳に戻しました。
朝に弱いとはいえ無愛想すぎたというか、もう少し優しい応対でも良かったんじゃない? といまなら思います。
それでも、通勤電車で押し合いへし合いするのが、特定の個人に由来するとはいまでも到底思えないんですよね。
斜めの方はある意味個人というか本人の技量かも知れませんね。自分がうまく立ち回れば回避可能ですし。

この人、通勤電車慣れしてないんだろうな、とはいえ知らない相手を怒鳴りつけるような人とは関わりたくないな、と、心持ち距離を取るようにしました。
…あ、私の周り、余裕が増えて距離取りやすくなってる。
そうか、私とも関わるのやだよね、と、微妙に凹む私をよそに、電車は乗換え駅に到着しました。

別の路線に乗換えたとき、その路線でも似たようなことがあったのを思い出しました。
その時の私は全くの傍観者で、変なのに絡まれて可哀想だね、距離取りやすいように少し詰めるね、と心の中でだけ絡まれた女の子のことを気にしてました。
行動に出せるほど距離は近くなかったし、そこまでの勇気もなかったですしね。せめてもの意趣返しにとなるべく無表情にして怒鳴った人と目を合わせてみたくらいで。

その日の私の周りの人が、どう思ってたかはわかりません。
けれど、ひとりくらい同じように考えてくれてたら、すこし浮上できそうです。

あ、もし最初に言われたセリフを聞き取れてて、それが聞き直した以降と同じ口調だったら、私ももっと喧嘩腰になってたかも。
とするとやっぱイヤフォンに助けられたのかも知れないですね。
良いプレゼント、買えてよかった。

ともよん | 普通の日記 | 2014.05.31 Saturday 09:46 | comments(0) | trackbacks(0)
老いのひがみ
先日の法事でいただきました。ごーじゃす。


割と学校の多い路線に住んでいるので、出勤時には車両に一組くらいは女子高生の団体がいます。
あまりにも賑やかで耳がしんどいときもあります。
朝からあのテンション、若さってすごい。

ちょうど今週は中間テストの時期らしく、私の横にいた子達がお互いに古典の問題を出し合っていました。
「40も過ぎて手も…みっともない…ああはなりたくない」みたいな現代語訳が切れ切れに聞こえて来て、それ枕草子だっけどの段だったっけ、と聞いてるこっちが悩んでました。

結局思い出せなかったのですが、なんとなく覚えがある内容になんだか口元がゆるんでしまいました。
何年経っても、勉強する内容ってそこまで変わらないものなんですねぇ。

タイトルは手が震えたり歩き方がよろよろしたりする老人特有の現象のこと、だったような。ちょうど女子高生が読み上げてた段に関連して授業で習ったような。

もろもろうろ覚えなので、近々読み返してみようっと。



ともよん | 普通の日記 | 2014.05.23 Friday 19:24 | comments(0) | trackbacks(0)
あとらくてぃぶなアトラクション
週末に出かけた先のサービスエリア裏の森林。腐葉土ふっかふかで気持ち良かったです。


両親と遠出した先で、車が結構汚れていたので、ガソリンスタンドの自動洗車機を使うことにしました。
そこのはドライブスルー形式で、列待ちから洗車機が終わったあとの車移動まで、運転手は車内に待機です。

両親は身体を伸ばしにラウンジっぽいところに出て行き、私は車を列の最後尾につけて順番を待つことに。
子どもの頃、洗車機にかける間に車内にいて良いとお許しが出ると、下手なアトラクションより大はしゃぎしてたくらいなので、何気にかなりわくわくしてます。
自分の車は手洗い派だったので、大人になってから洗車機使ったことあんまりなかったですしね。

そして列に並んでからというもの、5分おきに父が車の脇にやってきます。
「○○ってコースが×××円らしいから、それにしろ」だの「洗車機の操作解るか?」だのは普通に受け答えてたのですが、さすがに「…大丈夫か?」は返事に詰まりました。

「…はい? 何が?」
「いや、なんか16くらいの娘が始めて洗車機にかけるみたいな気分で、なんか心配でなぁ…」

自分の名誉のために言っておくと、運転技術そのものや、機械の扱いなんかはそれなりに信頼されてます。
ただ、末っ子の私はいくつになっても大人とは思えないようです。
父の合間に母も様子見に来てましたし、それはもう理屈を超えた部分なんでしょうね。
「よゆーでその倍は行ってるから! 大丈夫だから!!」と全力でツッコむ以外、私に何ができたでしょうか。

…んで実際に洗車スタートしたら、大はしゃぎで車内でひとり写真撮りまくってた私がいます。
16どころの騒ぎじゃないね、これ。

ともよん | 普通の日記 | 2014.05.14 Wednesday 21:58 | comments(4) | trackbacks(0)
昔取った杵柄
職場メールくらいしか書かずにいたら、すっかり文章の書き方を忘れてしまいました。
のでリハビリがわりに書いてみます。
写真は兄宅のスライム氷。


甥がバスケをやっているので、練習試合の応援に行ってきました。
私自身も学生のころにやっていたので、体育館のあの空気が懐かしかったです。

試合後に兄宅へお邪魔して甥とバスケで遊んでいたら、甥自身のプレイに対する感想を訊かれました。
この前会ったときに教えたプレイが出来てるかを聞きたかったようです。
出場した試合のビデオを見せてもらってネタもたくさんありましたし、精神論から細かいプレイまで、いろいろ教えてみました。

後で兄からメールで教えてもらったところ、この指導、甥はすごく喜んでたそうです。
甥本人からも、また今度教えてね、って言ってもらえましたし。
プレイヤーとしての私はというと、スカウトも来なきゃレギュラー取ったのは高校の自分の代になってから、という下手さなんですが、それでも曲がりなりにも10年やってた蓄積だけはあるんでしょうね。
継続するって大きいなぁ…。

甥も頑張って続けているせいか、この前よりもかなり上達していたので、近い将来には手加減してあげられなくなりそうです。
その日が来るのが楽しみなような、すこし悔しいような。

ともよん | 普通の日記 | 2014.05.06 Tuesday 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)
フィンランド旅行総括
途中欠けてた部分と、一番印象的だったBottles for Music を追記しました。
10ヶ月経ってまとめてみると、細かいことは結構忘れてますね。
現地で投稿済みのものに時系列を合わせて、間を埋めるようにしていますが、時間はかなり適当です。

前のパスポートが切れてから数年放置していたので、本当にひさしぶりの海外一人旅でした。
東京よりよっぽど治安がいいので、平和ボケした今の私にはよいリハビリだったと思います。

お互い母国じゃない英語で話すので、あんまり頭使いませんでしたけどね。
いつもは英語圏行くと思考も英語化するのですが、今回は日本語のままでした。
周囲から聞こえてくるのが英語じゃないからか、iPhoneでメールやらTwitterやらやってて日本語から離れなかったからか。

・チョコレート美味しかった
・乳製品美味しかった
・鶏肉美味しかった
・マリメッコの紙ナプキンは配布用土産としては鉄板
・チョコバーも配布用土産には使える
・実家周り用土産のハーブ塩が美味しかったのですが、フィンランド語のため何入りかが不明
・自分用土産として陶器は鉄板ですが、重いので持ち帰りはがんばりましょう
・英語はスーパーのおばちゃんでもイケるレベルでホントどこでも通じる
・公共交通機関はWi-Fiつかえるのでモバイルルータはほぼ不要
・町並みが石畳なので、クッション性の高い靴がお勧め

次はボストンに住む友人に会いにか、アイルランドリベンジか、まだ行ってない欧州大陸中心部だろうか。
カンボジアも行きたいけど。

ともよん | TravelReport-Finland | 2014.05.04 Sunday 20:23 | comments(0) | trackbacks(0)
Bottles4music
ヘルシンキ市内をうろうろしていたら、鉄琴のようで何か違う、不思議な響きの音が聞こえてきました。
欧州は乾燥しているから楽器の音が良くなる、というのは聞いたことがあるんですが、バイオリンとかでもない、ホント不思議な音。
建物に反響しまくる音がどこで鳴っているのか、耳を頼りに捜し当ててみました。


http://bottles4music.com/
水を入れたガラス瓶を叩いて演奏してました。そりゃ木琴みたいな演奏技法になるわ。

話しかけたかったのですが、空港に行く時間が迫っていたので果たせず。
とはいえ、星に願いを、とか、ほんとに素敵でした。
最終日に良いもの見れたなぁ。
ともよん | TravelReport-Finland | 2013.06.23 Sunday 14:15 | comments(0) | trackbacks(0)
もろもろ
__.JPG

上段:カモメがごろごろいます。てか、海のある生活っていいな…。

下段:遠くて解りづらいですが、時計は22:22を指しております。で、この明るさ。



色々しらべながら動いてたらUPする暇がなかったー…。

もう最終日の朝です。

これからホテルのサウナに挑戦して、ご飯食べてチェックアウトして、買い逃したもの買って、そんで空港へ。


ともよん | TravelReport-Finland | 2013.06.23 Sunday 12:54 | comments(0) | trackbacks(0)
ヘルシンキ大聖堂
スオメンリンナから戻って来て、ホテル直帰もつまんないな、と少し寄り道することに。
ウスペンスキ大聖堂の近くに、もうひとつ教会があります。港からもけっこう近いです。


ヘルシンキ市内でもこのあたりは割とごちゃごちゃしてて閉塞感があるのですが、ここにくると急に視界が開けて、すっとして居心地がよいです。


一番上まで上ると結構高いので、下を走るトラムがおもちゃみたい。
ともよん | TravelReport-Finland | 2013.06.22 Saturday 16:25 | comments(0) | trackbacks(0)
結婚式
昨日のセウセラサーリでも、かがり火に火をつけたカップルのを見かけたんですが、今日もスオメンリンナで見かけました。


カメラ目線で花運んでくれたおにいさん。たぶん従業員。


参加者のお姉さんのヘッドドレス超かわいい!(声かけて頼んで撮らせてもらいました)


ベストマンが説明中ですが、慣例に漏れずなんかしっかりした人っぽいです。

花嫁花婿が来るにはまだかかるようだったので、待たずに散策を再開したところ、参列者も何人かが同じところに時間つぶしに来てました。
みんな楽しそうだったので、きっと愛されてる人達なんでしょうね。

お幸せに!
ともよん | TravelReport-Finland | 2013.06.22 Saturday 15:05 | comments(0) | trackbacks(0)
スオメンリンナ
さて続いては世界遺産の「スオメンリンナ」。アクセントは「お」と「り」にある感じで、「な」もこころもち伸ばします。
スオミがフィンランド、リンナが城とか要塞の意だそうなので、直訳だとフィンランドの要塞、なのかな。
実際に使われたこともある、ヘルシンキ内湾部に浮かぶ要塞島です。
…お台場?

島なので船で行くことになりますが、複数の会社が船を出しています。

ディナークルーズとかもありました。ぼっちで乗る勢いは今回なかった。

今回は安くてそこそこ本数の多い、市の交通局がやってるフェリーを選択しました。駅から歩いてくと一番奥まったところが発着場です。
すぐそばのチケット売り場で往復券を買いました。市内のトラムと電車の一日券でも乗れるらしいです。

船べりが船着場とフラットになるので乗り降りがらくちん。


道中の島にも家があったりします。


上陸してふらふらしてたらこの先は島の住民の方のエリアだそうで。


図書館かっこいい。


塹壕なのか貯水池なのか。

横から光が差し込んではいるのですが、範囲外はほんとにまっくらでした。
311以降持ち歩いてる懐中電灯、ここでまさかの大活躍。


ピクトグラムが大胆。


緑豊かで海の近くで、ぼけーっとしてるだけでとても幸せになれる島でした。
ヘルシンキの住民さんたちのピクニックコースなんだそうです。


そんな風光明媚な光景のなか、砲台があるとぎょっとします。
もちろん、いまはさびさびで動かないんですけどね。
銃眼つきの塀だとか、塹壕だとかを見ると、ほんとに使われてたんだなあ、と、ちょっと背筋が冷えました。
ともよん | TravelReport-Finland | 2013.06.22 Saturday 13:40 | comments(0) | trackbacks(0)