Kaleidlife
ヒマなOL・表参道ともよん(仮称)の日常を記載していたBlogの跡地。
たまーに調べたこととかが載りますが、基本は更新されません。
<< Apr, 12:イメージ崩壊 | main | Apr, 13:生活習慣 >>
DivLog#82-84
写真UPしました。
Max 16m/21m/25m
Avg ?/?/?
DiveTime 30min./35min./32min.
Air 200->100kg/200->80kg/200->80kg
Tmp 15℃
Weight 4.0kg/2.0kg/3.0kg
Transparency 上8m下13m/上8m下13m/13m

機材はスチールタンク、5mmワンピ、ラッシュガード。#84だけフード付きベスト。
ウェイトはアルミとスチールがごっちゃになってました。スチールタンクでラッシュで4kgじゃ重すぎて溺死するかと。
ダイコン使えなくてゲージでAvg見んの忘れてた…。
潜行開始時刻も解らないから、後でメールで訊いておこう。


以下器材についてぼそぼそと。
重器材は基本的にScubaPro(S-Pro)の製品を使ってるのですが、オクトパスだけアクアラングの小型軽量のヤツにしていて、オーバーホールに出したときにオクトだけパーツ代かかるのが微妙に面倒でした。
ダイコンの電池交換パーツ買いに行ったついでにショップの人に相談したら、A.I.R.2を薦められまして。
たしかなんかが嫌でA.I.R.2にしなかったんだよなー、と思いつつ、元職業ガイドだった人にさらに相談してみました。

以下私の私見です。

長所
・オクトパスの分軽量化される
・一本中圧ホースが減るので取り回しが楽になる
・オーバーホール代が若干安くなる(1st2nd、ゲージ、オクト、インフレーター→1st2ndとゲージでよくなるらしい)

短所
・ホースがA.I.R.2専用の少し太いものになるので、A.I.R.2がフローしたときにBCだけ交換することが出来なくなる(レギが調子悪いときも同様か?)
・オーバーホール時にA.I.R.2も外して持ってかなきゃいけないのが地味に面倒

結論:私の潜り方を考えた場合、別でいい。

確かに便利そうなんですけど、実際に前回のオーバーホールから1年もたたないうちに潜水中に1stからフローしたことがありますし、友達がA.I.R.2からフローしてて潜れなくなったのも見てるからなぁ。
レンタルで使える器材はたぶんほとんどがA.I.R.2以外ですし。
多機能なものに集約すると、そのどれかが壊れただけでアイテムごと使えなくなるのが不便、ってことで。
ともよん | DiveLog | 2009.04.12 Sunday 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック