Kaleidlife
ヒマなOL・表参道ともよん(仮称)の日常を記載していたBlogの跡地。
たまーに調べたこととかが載りますが、基本は更新されません。
<< あとらくてぃぶなアトラクション | main | 傍観者と当事者 >>
老いのひがみ
先日の法事でいただきました。ごーじゃす。


割と学校の多い路線に住んでいるので、出勤時には車両に一組くらいは女子高生の団体がいます。
あまりにも賑やかで耳がしんどいときもあります。
朝からあのテンション、若さってすごい。

ちょうど今週は中間テストの時期らしく、私の横にいた子達がお互いに古典の問題を出し合っていました。
「40も過ぎて手も…みっともない…ああはなりたくない」みたいな現代語訳が切れ切れに聞こえて来て、それ枕草子だっけどの段だったっけ、と聞いてるこっちが悩んでました。

結局思い出せなかったのですが、なんとなく覚えがある内容になんだか口元がゆるんでしまいました。
何年経っても、勉強する内容ってそこまで変わらないものなんですねぇ。

タイトルは手が震えたり歩き方がよろよろしたりする老人特有の現象のこと、だったような。ちょうど女子高生が読み上げてた段に関連して授業で習ったような。

もろもろうろ覚えなので、近々読み返してみようっと。



ともよん | 普通の日記 | 2014.05.23 Friday 19:24 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://blog.tomoyo.sub.jp/trackback/1173055
トラックバック