Kaleidlife
ヒマなOL・表参道ともよん(仮称)の日常を記載していたBlogの跡地。
たまーに調べたこととかが載りますが、基本は更新されません。
<< 軽く街歩き(北西側) | main | 結婚式 >>
スオメンリンナ
さて続いては世界遺産の「スオメンリンナ」。アクセントは「お」と「り」にある感じで、「な」もこころもち伸ばします。
スオミがフィンランド、リンナが城とか要塞の意だそうなので、直訳だとフィンランドの要塞、なのかな。
実際に使われたこともある、ヘルシンキ内湾部に浮かぶ要塞島です。
…お台場?

島なので船で行くことになりますが、複数の会社が船を出しています。

ディナークルーズとかもありました。ぼっちで乗る勢いは今回なかった。

今回は安くてそこそこ本数の多い、市の交通局がやってるフェリーを選択しました。駅から歩いてくと一番奥まったところが発着場です。
すぐそばのチケット売り場で往復券を買いました。市内のトラムと電車の一日券でも乗れるらしいです。

船べりが船着場とフラットになるので乗り降りがらくちん。


道中の島にも家があったりします。


上陸してふらふらしてたらこの先は島の住民の方のエリアだそうで。


図書館かっこいい。


塹壕なのか貯水池なのか。

横から光が差し込んではいるのですが、範囲外はほんとにまっくらでした。
311以降持ち歩いてる懐中電灯、ここでまさかの大活躍。


ピクトグラムが大胆。


緑豊かで海の近くで、ぼけーっとしてるだけでとても幸せになれる島でした。
ヘルシンキの住民さんたちのピクニックコースなんだそうです。


そんな風光明媚な光景のなか、砲台があるとぎょっとします。
もちろん、いまはさびさびで動かないんですけどね。
銃眼つきの塀だとか、塹壕だとかを見ると、ほんとに使われてたんだなあ、と、ちょっと背筋が冷えました。
ともよん | TravelReport-Finland | 2013.06.22 Saturday 13:40 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://blog.tomoyo.sub.jp/trackback/1173048
トラックバック