Kaleidlife
ヒマなOL・表参道ともよん(仮称)の日常を記載していたBlogの跡地。
たまーに調べたこととかが載りますが、基本は更新されません。
<< 後でじっくり見てみようメモいろいろ | main | 23andme >>
春先のうぐいすだけじゃない
自宅のベランダに鳩が営巣したよ+その対策。
需要はあるかないか解らないのですが、備忘録として。

まとめ


  • においで戻ってくるそうですので撤去時のお掃除は完璧にしましょう
  • 物理的にスペースを作らないのが一番効きます(ネットとか杭とか?)
  • 嫌がるにおい(忌避剤とか木酢液とか)もそこそこ効果的なようです
  • 安住の地だと思わせないのが大事です(人が出入りするとか)


ただし私本人はこの一件で食欲が減退したので、繊細な方は続き以降はパスなさったほうがよろしいかと。
良いのね?
ではGo.

発端


事の起こりは3月終盤のある週末でした。
自宅に居たら、ベランダ方面でやたらと鳩の羽音が聞こえてくるので、気づく度にベランダに出ていました。
羽音しか聞こえないのと、出ようとすると気配を察するのか飛び立っていくので、どこで何してるのかはまったくわからず。
ざっと見渡しても、特に何かされている様子はありませんでした。

今日は威嚇できるけど、平日の仕事に行ってる間はどうしようもないよなぁ。
でも前にもやたらカラスが来る時期があったけど、結局なんもなかったから大丈夫だろう。

と相当のんきに構えておりました。


ころりん


鳩のことなどすっかり忘れたある朝、洗濯しようとベランダに出たところ。

ころりん。

うずらのたまごより一回り大きいくらいの、真っ白い卵の殻がベランダに転がってました。

お隣の部屋の住民の男の子がすごい掃除嫌いらしくて、ベランダにごみを大量放置してたんですよね。
前述のカラス来訪時は、そのごみ狙いだったようなんです。
うちのベランダと隣との間には仕切りがあるだけで下側は素通しなので、そこから色々こちらにも転がってきます。
来たものは戻して良いよって大家さんからOKをもらってあるので、気づいたら戻しちゃいます。
飲み物の缶が多く、一度腹立ちに任せて全力で投げ込んだら結構良い音がしました。
その音で懲りたらしく、最近は闖入物はなかったのですが。

えー、卵の殻て。
また隣の子かー。
触るのヤダなー。でも戻さないわけにもなー…。
まあ先に洗濯するか。

スイッチを押すと、ピ、という電子音とともに結構大きな音を立てて洗濯機のふたが開きます。
そしてその音に驚いたかのように、その当の洗濯機の後ろから鳩がばさばさと登場。

「…っああああびっくりした!」

とか言ってる時点で余裕ありそうなんですが、びっくり箱形式のものには非常に弱いのです。
かなーり心臓バクバクさせながら、とりあえず洗濯物を放り込みます。
洗濯開始のスイッチを押して飛び立った場所に目をやると、そこには握りこぶしサイズの、茶色い、まだふさふさしてない毛の生えた塊が2体と、鳩がもう一羽居ました。

「――!!」

声にならない悲鳴を上げてフリーズした後、いったん部屋にリターン。
これが我が家の鳩さんsとの最初のご対面でした。


図解


ここでベランダの図解。縮尺は超いい加減なので、大体の位置取りのご参考にどうぞ。
ベランダの見取り図

赤丸が鳩さんsのいた場所。
洗濯機と壁の間の、15-20cmもない隙間のところに巣を作っていました。
撤去するときに気づきましたが、ちゃんと小枝を並べて丸く形が作られてました。
あの場所だと丸くする必要なかった気もしますけど、そこらへんは習性なのでしょうかね。

室外機の後ろ側にも移動できたので、巣としては結構広くて快適だったんじゃないでしょうか。
ちらっと見た範囲では、茶色の結構硬度のありそうなもので固まってました。


わりとずぶとい


逃げ帰ってみたところで、ころりんしてる卵も、もぞもぞしてる鳩さんsも、どっちも現実なわけで。
そして洗濯をしたいのも事実なわけで。
そして寝起きが悪いため、朝方は枝葉のことを考えずに目的だけ果たそうとしてしまうわけで。
とりあえず卵も鳩もなるべく目にいれないようにしながら洗濯機に洗剤を入れに行きました。

…あ、意外と平気なんだ。

洗濯機の裏で、身体は完全に洗濯機に密着しているだろうに、回ってる洗濯機の横でもふもふしてます。
温度とか振動とか、結構びっくりしそうなもんですけどね。

あとで調べてみると、洗濯機のあたりは鳩の営巣の場所としては結構多いそうです。
暖かく、飲み水が確保できる(すすぎの排水ですね)のが人気の理由だとか。
洗濯機の内部に入られたら困るな、と思っていましたが、うちの洗濯機は側面も裏も一枚板でつるんとしていて、進入口になりそうな箇所はないようでした。
セーフ。


卵の行方


室外機の前あたりに転がってる卵も見ないふりで洗濯を済ませます。
もともと洗濯物は部屋干しなので、落し物による被害はなかったです。

けど…卵。
これ多分あの茶色いツインズが生まれたヤツだよなぁ。
てか、うずらの卵サイズから握りこぶしサイズって、あたしの手が小さいにしても結構日数経ってるよなぁ。
それに気づかないってどうなんだ…。

微妙に触りたくないので意識があさっての方向に行きがちです。
鳩さんsの衝撃からようやく立ち直った3日目あたりに意を決して回収しに行ったところ、既に殻は見当たりませんでした。
それから1ヵ月後の、最終的に巣を撤去した段階でも見つからず。

どこ行ったんだアレ。


保護対象


ネットで鳩について検索してみました。
  • 野生生物として保護対象になっている
  • そのため、巣立つまで巣を撤去してはいけない
  • 帰巣本能があるので、一度巣をかけると毎年やってくる

わあい、絶望的☆


撤去について


撤去については自治体によるのかもしれません。
私の住んでいるあたりは、市役所の担当部署でした。
市役所にメールして訊いてみたところ、担当部署の方から折り返し電話がありまして。
  • 基本的に個人の敷地内は撤去してない
  • 巣立つまで巣を撤去しては駄目です
  • 大家さんにも相談してみたらどうだろうか

警察の民事不介入ではないですが、個人の敷地内なら自分でがんばってー、ってことだそうです。
私の気管支が生まれつき強くなかったのと、鳩が媒介する肺炎があるのとで、なるべく自分では撤去しないように、と母から厳命されていたのですが、市役所がやってない以上、自分でがんばるしかなさそうです。


そーっと


初日は寝ぼけてる勢いで洗濯をしてしまいましたが、冷静に考えるとちょっと怖いわけです。

だってさ。
あたしにびびって親鳥が来なくなる→雛が餓死、とかなったら困るじゃん。
その場合誰が片付けるのよ…。

巣はもうどうしようもないですが、、生き物の成れの果てを片付ける羽目になるのはとても嫌。
なので鳩さんを刺激しないようベランダにはなるべく出ずにいましたが、洗濯物はたまるわけで。
さすがにこれ限界だなー、ってくらい我慢しましたが、結局は洗濯をせざるを得ないわけで。
コインランドリーは選択肢に入れていなかったため、素直にベランダで洗濯をしました。
その後も、なるべく我慢→そーっと洗濯、の繰り返しになります。

でもま、前述のようにわりとずぶとかったので、結構大丈夫だったと思います。


方針


前述のように鳩は保護対象ですので、あまり派手なことは出来ません。
あとは単純に、雛に喧嘩売るのもなんだか気が重いですし。
  • 鳩が巣から離れるまでは手出ししない
  • 離れたら巣は即効で撤去する
  • 巣の撤去に合わせて、戻ってこないための手を打つ

そうとうへたれてますが、対応方針は上記にて決定しました。


わりと無害


鳩の巣に関しては害がよく言われますが、最初はとくに何もなかったんですよ。
サイズがでかいとはいえ、ひな鳥って結構かわいいですし。
って思ったら、成長してきてもはや雛鳥じゃなくて色合い的には見事に鳩です。
なのに飛んでるところもぜんぜん見ません。あと鳴き声も聞こえません。

まず身体が出来てから飛べるようになるのかなぁ。


なるほどこれか


GWなので実家に2泊ほどしたあと帰宅して、ベランダを見て驚愕しました。

私が最後にベランダに出たのって、実家に帰る日に洗濯したときだから3日前だよな。
え、3日でこれって何。

鳩さんsの落し物でえらいことになってました。
前述の見取り図で言うとピンクの丸あたりが特に。
既にベランダの床にこびりついたものについては、水をまいて少しふやかしてからデッキブラシでこするととりあえず落ちます。
ですがまだこびりついてない落し物が意外と大きい。
直径1cmのチューブ上のものが、直径3cmくらいでころんとしてかたまってます。それがいくつか。

排水溝に流したら詰まりそうな勢い、というより、この大きさに対してバケツの水量だとそもそも排水溝まで流しきれない。
しょうがないのでペーパータオルやらビニール袋やら持ってきて回収し、ごみの日にまとめて出しました。
その後しばらく、毎朝のこのお掃除が日課になります。

そしてこのせいで食欲失せました。
においとか意外と人間と似てるんですねー…。
あと見た目的に似てるので、しばらくサザエとか巻貝の内臓食べたくないです。

それまでは正直「え〜ネットとかでめっちゃ嫌がられてるけど、別に実害ないじゃん」って思ってたんですが、これを機に考えが変わりました。
でも嫌だと思っていたらしょうがないので「犬飼うための予行演習だと思え!」と自分を鼓舞してお掃除してましたとさ。


たぶん動物愛護団体に怒られる


日課になったお掃除ですが、鳩には飲み水になるものはご法度らしいんですよ。
なのでこのお掃除の際の水も、どこかにたまって飲み水化してしまう可能性はあります。
「野生生物なら異質なにおいがしていたら呑まないだろう」という判断で、バケツで撒く水には洗濯用洗剤をバケツに溶かすようになりました。
そして落し物は、ベランダの床面だけじゃなく、室外機の後ろとか洗濯機と室外機の間とかの、手を入れづらいところにもきっちりあるので、その辺にも撒いて流します。

あ、勢い余った。
やべ、鳩さんsに直撃した。
…でも平然としてるなぁ。

ということでそれまで、撒く場所に鳩さんsが居ないことを確認していた水撒きの際に、あえて居るか居ないかを確認しなくなりました。
自分の撒いてる場所に鳩さんsがいて、直撃したらまーしゃーないよね、くらいの勢いで。

戻ってこないようにするには、嫌なにおいをさせるとか、なにか嫌な経験をさせるのが大事なようです。
ってことはこれも、そのいやな経験になるといいなー、って下心もすこしあります。
巣もずぶぬれになると、この場所安全じゃないかもってもっと思ってもらえそうですし。
巣の横の謎の茶色い塊を、掃除する際に少しでも撤去し易いようふやかしておこう、という意図もありました。

でも毎朝動物虐待してるみたいで、毎朝すっごい嫌ーな気分でした。


そして巣立ちは唐突に


落し物の被害が本格化してから10日ほど。
朝起きて、さて、今日も掃除するか、とベランダを見たところ。

うお、巣が空いてる!
なんもいない!!
やった、巣立った!!!

これはチャンスだろどう考えても今しかないだろ、と、メールで会社に遅刻の連絡を入れて、即効掃除開始です。
給料安いけど暇で融通が効く仕事でホントよかった。
室外機も洗濯機も動かせる範囲で動かして、前後左右、出来るだけ丁寧に洗いました。
うんすっきり。

微妙に空いていた隙間を埋めるように、室外機も洗濯機も極力壁に近づけさらにお互いも近づけて、鳩サイズのものは入れないように配置を変えて掃除完了。
大家さんから頂いた鳩忌避剤(鳩にとって嫌なにおいがするらしい。私がかぐとミント系)をベランダと室外機周りに設置。
ネットでお勧めされていた木酢液(これも鳩が嫌がるらしい。燻製っぽいにおい)を室外機と洗濯機の裏にそれぞれ撒いて対策完了。

2時間ちょっとでしたかねー。
どっちも重いので大掃除のときでも特に何もしていなかったのですが、手を抜かないでこういう掃除もしないと駄目ですね…。
あ、今回動かせたのは100%火事場の馬鹿力です。必死になるとすごいっすね。


いやまだだった


だいぶ汚れたので、お風呂に入ってさっぱりして出てきたところ、ベランダに何か居ました。
…あらお帰りなさい。
とはいえ、家だった場所はないし、なんか変なにおいしてるしで、こころぼそそうにぴーぴー言ってます。

いや鳩なんだからぴーじゃねえだろ!

っていう内心の突っ込みの勢いのまま、とりあえず網戸叩いて大きな音を立てて威嚇してみます。
即効逃げ去る鳩さんs。そして逃げ遅れる鳩が一羽。

どこにでもどんくさい子はいるんだなー、と思いつつ、生暖かく見送りました。

その後出勤準備を続けていたのですが、たまに舞い戻ってくるので、もいちど会社に連絡して、丸一日休みをもらってひたすら威嚇してました。
つうか、ぴーぴー言うてる時点で、まだ巣立ちではなく飛行訓練くらいだったのかもしれないですね。


こなくはなった、けど。


午後くらいにはあんまり来なくなりました。
でもふと目を離したときに落し物が追加されてたので、来ていたは来ていたみたいです。

そして隣家のベランダから、ぴーぴー鳴き声が聞こえます。
ここら辺小鳥多いけど、もしかして、と思ったら目に入るのは鳩色でした。

いやだから鳩なんだからぴーじゃねえだろ!

と思いますがとりあえずなんも出来ず。
無駄に網戸を大きな音を立ててあけたてして威嚇したら飛んで行きました。
でも明日は居ないのよねぇ。


摂理ではあるけれど


それから数日後、週末なので部屋に居たところ、気付くとベランダに鳩さんsが居たりします。
うちの窓が閉まってるときは安全だって学習されてしまったようです。

巣を撤去した日はやっぱり巣立ちではなくて飛行練習くらいだったみたいで、二羽いる小鳩のうちの一羽が飛ぶのがまだまだ下手っぽいんですよ。
そして部屋に居たらやけに大きい羽音が聞こえたので、見に行ってみたらカラスでした。
飛ぶの下手な子狙いだったようです。
見に来た私にからすが気をとられた隙に、ダッシュで隣家のベランダに逃げ込んだようで、鳩さんはセーフ。

…うちのベランダの前の配置なら確実にカラスは来なかったろうなぁ。
私が安息の場を奪ったんだなぁ…。

過去に戻ったとしてもやっぱりあの日に巣は撤去するんでしょうが、非常に後味の悪い出来事でした。


練習中


隣家のベランダは棚とか脚立とかちょいちょい置いてあるので、わりと居心地がよいようです。
夜の居場所に定めたらしく、寝ようとするとぴーぴー声が聞こえます。
そして巣を撤去してから4日後くらいに、ぴーぴーからくるるるる、って感じに変わりました。
猫がのど鳴らしてるみたいな。でもかなり鳩の鳴き声に近づいてきた感じ。

鳴くのへたくそなのは春先のうぐいすだけじゃないんですねー。
なんだか新発見気分です。


まとめ再掲


  • においで戻ってくるそうですので撤去時のお掃除は完璧にしましょう
  • 物理的にスペースを作らないのが一番効きます(ネットとか杭とか?)
  • 嫌がるにおい(忌避剤とか木酢液とか)もそこそこ効果的なようです
  • 安住の地だと思わせないのが大事です(人が出入りするとか)


もともと、このアパートの屋上に営巣したりとか、この辺は鳩害おおかったみたいですね。
隣室に行っちゃった件については、当日に大家さんに電話してお伝えしておきました。
あとは隣室の住民君がんばれ。普段見ないようにしてるのにこの一件でベランダ見まくってごめんね。
うちとの境目の落し物は掃除しとく。

個人的な感想として、私には生き物が飼えないと痛感しました。
短期間だから何とかなったようなもので、毎朝の出勤準備に追加してベランダのお掃除するのって結構スケジュール的に厳しかったんですよね。
そして鳩の落し物でも食欲が失せる私じゃあ、より人間のっぽい犬とか猫の後始末、出来ないでしょうねぇ。
我ながら地味に神経質だなぁ、と再確認しました。

ともよん | 普通の日記 | 2013.05.13 Monday 13:32 | comments(0) | -
コメント
コメントする