Kaleidlife
ヒマなOL・表参道ともよん(仮称)の日常を記載していたBlogの跡地。
たまーに調べたこととかが載りますが、基本は更新されません。
<< あいぽん4S受取編 | main | Oct, 14:あと1ヶ月 >>
あいぽん4S データ移行編
うっかりTwitterクライアントなんかDLしちゃったせいか、はたまた初期設定のせいか、PCにつないでも普通にバックアップされるだけで、touchのバックアップから戻す、という項目が表示されません。
touchとiPhoneの2個持ちとかごめんこうむりたいので、ダメ元で「復元(工場出荷状態に戻す)」を実行することにしました。
これが正解。

iPhone側の方で「データを引き継ぎたい端末はありますか」みたいなダイアログが表示されます。
選択肢はiCloudとPCとスタンドアロンの3つだったかな。
iPhone本体はUSBでPCとつなぎっぱなしにしてたんですが、そっちはiPhoneを認識したとたん「このPCは以前他のiOS端末と接続しています。バックアップから復元しますか」みたいなメッセージに。

iPhone側で「PCのバックアップから復元」、PCで「バックアップから復元する」を選んで実行したら、あとはほぼオートでバックアップから戻してくれました。
音楽データを10GB入れててそれの復旧に30分、アプリとかの復旧に30分くらいでしたかねぇ。
途中、iPhone本体の方にバックアップ先を聞くiCloudがらみのダイアログが出てくるので、そこに気付かないと一生処理が進まないかも。

メールについては、iOSのメールクライアントを利用します。
セットアップ手順はauショップで渡された資料の通りにやればOKなんですが、これにつまずく人はいるかもしれない。
最初がSMSで指定の番号にメッセージを送信なんですが、このときソフトウェアキーボードの横書き英数が選択できず、「#」がなかなか見つからなくて苦労しましたし。
英数テンキーの左下を選べばいいんじゃん、というお話なんですが、普段使ってないとわかんないもんですよ。

SMSを送るとEZwebのメールサーバ用のIDとPWが発行されます。
それをメールクライアントに設定して、SMTP、IMAP4それぞれサーバを設定して終了でした。
設定時にはauの3G回線を使用することを推奨されますが、メール送受信については特に指定なしで、Wifiでも普通に使えました。

EZWebのSMTPサーバが一度IDとPWを有効にすると3G回線以外から使用可能、とかだと、なりすましSPAMが送りやすくなるなぁとか。
実はWifiからだと既設定済みのSMTPサーバ(私の場合GmailとLolipop)を使用します、とかだと、PCメール扱いになって「PCからのメールを受け取らない」って設定にしてる携帯メールの人にはメール届かなくなるよなぁとか。
その辺どうなってるのかが気になるので、実際その設定してる友達が捕まったらちょっと実験に付き合ってもらおうと思います。

アドレス帳
受け渡し時点ではまだアプリがAppStoreに上がってなかったとのことで、PCでCSVファイルを作っての移行を推奨されていました。
たぶんめんどくさそうだなぁ、と思ったので、最初に案内された手順にしました。

1.au one net 上にアカウントを作り、アドレス帳をバックアップ(これカウンターでやりました。おねえさんが手続きしている間には済ませてますが、地味に時間かかるので出来れば事前にやっとく方がいいかと)
2.アプリがupされるのを待つ
3.AppStoreにupされたアプリをダウンロードして実行

これだけ。
土曜の午前にはもうアプリがUPされていたので、下手にCSV作るよりは楽でした。
auガラケー→SBMのiPhoneへのMNP時にも使えるんじゃないかな。

ただし、iPhoneのアドレス帳は姓名別で登録されるので、そのままだと姓と名まとめて姓欄につっこまれます。
私はちまちま手作業で直してますが、事前に姓と名の間に半角スペース入れとくと、ツールの方で自動分割してくれるみたいです。
余裕があるならやっといた方がいいんじゃないかしら。
ともよん | MobileGadget | 2011.10.14 Friday 13:35 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://blog.tomoyo.sub.jp/trackback/1172995
トラックバック