Kaleidlife
ヒマなOL・表参道ともよん(仮称)の日常を記載していたBlogの跡地。
たまーに調べたこととかが載りますが、基本は更新されません。
そーかえん
動きが変態挙動すぎてすごかった陸自のヘリ。ほぼ垂直になるって何。


正確には今日ではないのですが、陸上自衛隊の総合火力展示演習、の演習を見てきました。本番が今日ですね。
F-2戦闘機とか海自の哨戒機(名前忘れた)とかが上空を通過してくれたのですが、雨模様で雲が厚く、音はすれども姿は見えず、状態でした。

平和ボケしてる私は、どうしても「軍事演習」というよりは「爆薬火力ショー」としてとらえてしまいがちなんですよ。
音スゲー爆風スゲーわーめっちゃ燃えてるースナイパーあの距離から当てるとかスゲーあの高さのヘリからロープ伝いに降下とかスゲー、的に。

ふっと血の気が引いたのは、「対人用」と言われている機関銃の威力を見たとき。
後ろにいた知らない人が「うっわ、えげつねぇ」とツッコんでたのが聞こえてきて、確かにこれ撃たれたら死ぬよねー車とかでももぶち倒せそうじゃん、ってなりました。
撃ちはしませんでしたが、地対艦ミサイルなんて口径だけでも桁違いに火力高そう感伝わってきましたし。
F-2は爆撃もしてくれたんですが、客席に爆風が分かるほどのでしたし(去年はダミー火薬だったそうなんで今年もそうだったのかもしれない)。

できればいつまでも、これを「爆薬火力ショー」として捕えらえる世の中であって欲しいものです。
それはもう、心から。

ともよん | 普通の日記 | 2014.08.24 Sunday 21:37 | comments(0) | trackbacks(0)
収集癖
友人とサンシャイン水族館行って来ました。
ボディバランスが恐竜みたいでカッコよかった南米のトカゲさん。


サンシャイン水族館は、ikesuというスマートフォンアプリと連携したイベントをやってました。
水槽の横に掲示されてるQRコードを読み込むと、自分のスマートフォンに魚のデータがダウンロード出来て、あとで水槽を自分の好みにカスタマイズ出来るんだそうで。
スマフォのスペック不足でアプリが使えなかった友2にひたすら「カニ尽くし水槽作って〜!」と言われ続け、根負けして一回作ったらえらく地味でした。と言うか正しく生け簀。

道中は「ちょっとikesuってくる〜」「あ、ikesuれるよ」とすっかり動詞化しながら楽しんでたんですけどね。

私:こーゆーのやってるとさ、自分のコレクション癖みたいのを実感するわー

友1:やー、これはやるでしょ、そこにあったら集めずには居られないでしょー

私:いや、コンプするために大阪行こうとは考えないでしょ普通…

このアプリ、サンシャイン水族館以外にも大阪の海遊館とも連携していて、そちらではまた別の魚がダウンロードできるんだそうです。
友人に会いがてら大阪行ってダウンロードしてこよう、9月で連携終了するってことだからその前に行かなきゃ! とか結構真剣に考えてました。

調べたら9月で終わるのはサンシャイン水族館のもので、海遊館との連携期間はすでに終了していたそうです。
まだ連携してたら本気で行ってたと思います。
危なかった。
ともよん | 普通の日記 | 2014.07.21 Monday 22:12 | comments(0) | trackbacks(0)
地頭
本日の残念賞。せっかくのカメラ目線だったのに!
ミッキーミニーのフロートに限っては、フラッシュの設定はオンのがよかったみたいです。


つーことで先週にディズニーランドに行ってきました。
同行人は高校からの友人なのですが、ひとり着ぐるみがダメな子がいるので、高校からの仲間うちでは行こうって話にはならなかったんですよね。
なのでお互いに相手がディズニー好きなのを知ったのがつい最近のことだったり。
長い付き合いでも、知らないことって意外とあるものです。

この同行人、各アトラクションの混み具合の把握っぷりがとても正確なんですよ。
このペースだとこっちのファストパスの発券に間に合わないだろうから先にあっちに、とか、これならギリギリ次の予定までに乗れるから乗っちゃおうとか、判断も明確です。
おかげで今日の目的はショーとパレードだったはずなのに、そっち楽しんだ上に絶対乗りたかったアトラクションの全部に乗れてしまいました。
聞けばたまに、Webの混雑状況サイトを見てチェックしてるんだとか。
研究熱心だなー、と思うとともに、ここまで効率よく回れるのは、それを活かせる地頭の良さがあってこそだろうな、と思います。

ちょっとうらやましい。

ともよん | 普通の日記 | 2014.07.21 Monday 21:42 | comments(0) | trackbacks(0)
Requiem

だいぶ飲みかけになってますが。なっかやっまたーいちょー ごんごーる♪ ごんごーる♪ ごんごーる♪ ←ゴンさんファン。

父が趣味でやっている合唱の発表会を母と聴きに行きました。
今回の演目はモーツァルトの「Requiem」。「アマデウス」という古い映画を見た人にはなじみ深いかもしれません。
私がクラシック音楽に興味を持ち始めたころ、父から最初に借りたCDの一つでした。

聴きこんでいくうちにすごく好きな曲になりましたが、まさか生で聴いて泣くと思わなかったです。
4曲目のラッパ(トロンボーン)の音が私の記憶と違っていたのに驚いて一気に涙引っ込みましたけど。
そうじゃなかったら延々ぼろぼろ泣いてたと思うんである意味助かりました。版が違ってたのかしら。
ちょうどお怒りのことがあった母は怒りの曲が一番印象深かったそうなので、そのとき一番自分にとって身近な感情が揺さぶられるのかもしれません。

聞き終わってからしばらく放心状態でしたし、二日たった今でもまだ若干魂抜けてます。
自分の中の何かが鎮魂でもされたんでしょうか。

何にせよ、すごく迫力のある(なんせコーラス100人規模)良い演奏でした。
先日はヴェルディのレクイエムも演ってましたし、どうせならフォーレのもやって3大レクイエム制覇してほしいところです。

本当は私も演奏側として参加してみたいところなんですけどね。
毎週平日の練習の時間に間に合うように帰宅できないので、おとなしく観覧側に徹します。

次回は第九だそうなので、楽しみにしてよっと。
ともよん | 普通の日記 | 2014.07.08 Tuesday 21:42 | comments(0) | trackbacks(0)
はやりもの
先日変えたネイル。
前回が法事仕様で超地味だったので、久々に石乗っけられて満足でした。そろそろ変えますが。


高尾山行ったあとに書くのもなんですが、富士登山の計画が立ち上がりました。
行ってみたいって言ってた人がもともといたのでなんとなく、って感じでですが。

いまみたいに流行る前から好きな人は好きですから、登った経験ある人って結構いるんですよね。
身近なとこではうちの姉が毎年のように登ってましたし、友達や同僚で、子どもの頃に登ったって人もいましたし。
人気なだけに情報も充実してます。

去年の日経
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASFK0400O_U3A700C1000000/

個人の方のサイト
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/

実際に登るのかはわかりませんが、楽しみにはしておこう。



ともよん | 普通の日記 | 2014.06.28 Saturday 00:04 | comments(0) | trackbacks(0)
意外と知らない
すっかりお気に入りになった六号路。たぶんまた行きます。


前々からどこかに自然に触れに行こうと言ってた友人と、高尾山に登ったのが先週のことでした。
彼女のご要望として「ふもとやのイタリアンが食べたい」というのもあったので、下山後に寄ってみました。
お互い好きなものを頼んでシェアする予定でメニュー見ながらああでもないこうでもないと言いあっていた時「どーしよ○さん、私これ食べたいんですけど」「いやー、私それは付き合えない(笑)」という会話が成立しました。

で、リベンジのために再度行ってみたのが今週です。
頼んだのがこちら。
とろろピザとろろパスタ
パスタの写真は、我ながら会心の出来で美味しそうになったと思う。

一見ふつうのこれらですが、ピザもパスタもとろろ乗せです。
高尾山ではとろろそば推しなので、それに合わせて作ったそうな。
付き合ってくれた友人曰く、面白かったけどリピはいいかな、だそうで。

私としては、意外な味だったのとパスタのナポリタン部分が美味しかったのとでまた登りに来たら食べようかな、というところ。
そして渓流好きで登りの苦手な私には六合路がすごく好みに合ってるので、きっとまた登りに来そうです。

地元育ちでたまに来ていた高尾山ですが、まだまだ知らない魅力があるんですねぇ。
人気の理由、なんか納得しました。
ともよん | 普通の日記 | 2014.06.22 Sunday 10:55 | comments(0) | trackbacks(0)
よく解ってる
遠方で暮らす友人達がそれぞれ里帰りしていたので、週末は彼女達と会ってました。
まったく面識ないのに同じ時期に帰って来てるって偶然がすごい。ふだんヒマなのにピンポイントでその週末に固まるって偶然もすごい。

写真は土曜に行ったお店の。バーニャカウダ美味しかった。

基本的には筆不精だしコミュ障だしで、あまりまめには連絡取らないんですよね。日常小ネタ系メールもあんまり出さないですし。
まぁ、友人も私も、しばらく会ってなくても再会したらすぐまた前のような距離感で話せるタイプだから、ってのもあるんでしょうけど。
ふたりとも、こっちに戻るのが決まると連絡をくれるので、ほんとありがたいです。
楽しい週末でした。

そしてふたりとも、待ち合わせが現地集合だったのが個人的にツボりました。
遅刻魔の私の行動パターン、よく解ってるなぁって。

…いや、反省すべきとこなんですけどね。



ともよん | 普通の日記 | 2014.06.11 Wednesday 19:45 | comments(0) | trackbacks(0)
マレフィセント

何の気なしにオモハラ(東急プラザ 表参道原宿)に寄ってみたところ、7月公開予定の映画「マレフィセント」とのタイアップイベントが行われてました。
写真はおもはらの森。怪しげなよい雰囲気で、お気に入りの椅子でぼーっとしながら葉擦れの音を楽しんでしまいました。


オモハラ3階のよくタイアップメニューを出しているカフェの横にも、マレフィセント関連の展示がありました。
パネルを用いたストーリー紹介もあったのですが、それ以上に目を引かれたのは衣装でした。
実際にエル・ファニングとアンジェリーナ・ジョリーが着用していたものだそうです。

※自分が映りこまない位置から撮ったらえらい斜めになってますが気にしないでください。

このうち、エル・ファニングのものは特に違和感なかったんです。
けどアンジェリーナ・ジョリーのほうはなんかこう…なんだろう。
ああ、肩が合ってないんだ。ついでに胸も腰も余ってる。すこし引きずってる感じあるし、身長ももしかしたら。
あの身体は、日本のマネキンとはずいぶん違っているんだなぁ。

余り具合からすると相当なサイズ差がありそうなのですが、映像で見る限りでは「でかい」とかのマイナスの印象ではなく、「ゴージャス」「迫力ある」「パワフル」と納得させられてしまうところがアンジェリーナ・ジョリーの魅力な気がします。
癖もありますし嫌いな人もいるのは解るんですが、なんか惹かれるんですよね。Mr.&Mrs Smithとか好きでした。

とりあえず、7月には久しぶりに映画館行ってこようと思います。楽しみだ。

ともよん | 普通の日記 | 2014.06.05 Thursday 12:54 | comments(0) | trackbacks(0)
傍観者と当事者

先日無事に誕生日を迎えました。美味しかったです。

私は自分に甘いので、自分へのプレゼントと称して思い切った買い物をすることがあります。今回は通勤ならびにランニングのお供にするBluetoothの防水イヤフォンでした。
最近のって音漏れしないし、遮音性高いのに外の音もちゃんと解るしで、本当に進化してるんですねぇ。
特に、人の声だとは判別できてかつ内容までは解らないって、通勤電車やランニングに最適な、絶妙の遮音具合だと思います。

その、Bluetoothのイヤフォンを使いはじめた日のこと。
通勤電車でぼーっと音楽を聴いていたら、隣の人が何か言ってたんですよ。ですがイヤフォン効果で内容までは解らず。
まだ加減が解んないし音漏れさせてたかな申し訳ないな、と思いつつ、相手の話を聞こうとイヤフォンを外しました。

…あれ、音してないじゃん、これで耳に入れてる状態なら全くと言っていいくらい音は漏れないよなぁ、と疑問に思いながら「すみません、聞こえなかったのでもう一度言っていただけますか?」と聞き直してみました。

隣:だからぁ、寄っかかるのやめてくれる!?

私:はぁ、寄っかかってませんけど。

隣:私、斜めに立ってるのよね!!

私:はぁ、混んでますもんねぇ。

そこで反応がなくなったのでまたイヤフォンを耳に戻しました。
朝に弱いとはいえ無愛想すぎたというか、もう少し優しい応対でも良かったんじゃない? といまなら思います。
それでも、通勤電車で押し合いへし合いするのが、特定の個人に由来するとはいまでも到底思えないんですよね。
斜めの方はある意味個人というか本人の技量かも知れませんね。自分がうまく立ち回れば回避可能ですし。

この人、通勤電車慣れしてないんだろうな、とはいえ知らない相手を怒鳴りつけるような人とは関わりたくないな、と、心持ち距離を取るようにしました。
…あ、私の周り、余裕が増えて距離取りやすくなってる。
そうか、私とも関わるのやだよね、と、微妙に凹む私をよそに、電車は乗換え駅に到着しました。

別の路線に乗換えたとき、その路線でも似たようなことがあったのを思い出しました。
その時の私は全くの傍観者で、変なのに絡まれて可哀想だね、距離取りやすいように少し詰めるね、と心の中でだけ絡まれた女の子のことを気にしてました。
行動に出せるほど距離は近くなかったし、そこまでの勇気もなかったですしね。せめてもの意趣返しにとなるべく無表情にして怒鳴った人と目を合わせてみたくらいで。

その日の私の周りの人が、どう思ってたかはわかりません。
けれど、ひとりくらい同じように考えてくれてたら、すこし浮上できそうです。

あ、もし最初に言われたセリフを聞き取れてて、それが聞き直した以降と同じ口調だったら、私ももっと喧嘩腰になってたかも。
とするとやっぱイヤフォンに助けられたのかも知れないですね。
良いプレゼント、買えてよかった。

ともよん | 普通の日記 | 2014.05.31 Saturday 09:46 | comments(0) | trackbacks(0)
老いのひがみ
先日の法事でいただきました。ごーじゃす。


割と学校の多い路線に住んでいるので、出勤時には車両に一組くらいは女子高生の団体がいます。
あまりにも賑やかで耳がしんどいときもあります。
朝からあのテンション、若さってすごい。

ちょうど今週は中間テストの時期らしく、私の横にいた子達がお互いに古典の問題を出し合っていました。
「40も過ぎて手も…みっともない…ああはなりたくない」みたいな現代語訳が切れ切れに聞こえて来て、それ枕草子だっけどの段だったっけ、と聞いてるこっちが悩んでました。

結局思い出せなかったのですが、なんとなく覚えがある内容になんだか口元がゆるんでしまいました。
何年経っても、勉強する内容ってそこまで変わらないものなんですねぇ。

タイトルは手が震えたり歩き方がよろよろしたりする老人特有の現象のこと、だったような。ちょうど女子高生が読み上げてた段に関連して授業で習ったような。

もろもろうろ覚えなので、近々読み返してみようっと。



ともよん | 普通の日記 | 2014.05.23 Friday 19:24 | comments(0) | trackbacks(0)