Kaleidlife
ヒマなOL・表参道ともよん(仮称)の日常を記載していたBlogの跡地。
たまーに調べたこととかが載りますが、基本は更新されません。
Divlog#94-100
無事100本おめでとう自分。与那国計画頑張るぞ。おー。

2009/09/19 西伊豆のいつものとこ
透明度:10m〜
水温:水面23-24度、水底22度 

2009/09/20 西伊豆のいつものとこ
透明度:10m〜13m  
水温:水面24、水底22度

2009/09/21 南伊豆 神子元島 ジャブ根(ハンマー狙わせてくれ…)
水温:22-23度
透明度:10-15m

20日の一本目、東に向かって泳いでいるのに潮流は逆の東から西へ。
じんわりしたアゲインストがきつくて若干息切れしていたら、「海の中でなんか息苦しい→もしかして息できなくて死んじゃうかも→レギュレータ外したら呼吸できるようになるんじゃね?」と考えてしまうという例のアレに。
冷静に考えるとつじつまが合ってないんですが、ちゃんと症例名がついてるくらいよく陥る思考パターンだそうで。
陸でもある過呼吸によるパニック障害と似ている気がします。そのあと潜るのを避けるようになりますし。
その回は、二人ほどその状態に陥って先に上がってたあたり、けっこう環境的に厳しくて例のアレになりやすい状態だったんでしょうね。

私自身は「いや待てそれ違うだろ」「てゆーかレギュ動いてるし死なねーって」と自分にツッコんで乗り切りましたが、過呼吸から来る酸欠のせいで上がってから頭痛が出てました。
そして先に上がった二人と話したり、師匠sからそれに関する話を聞いたりして、一歩間違うと本当に死ぬスポーツなんだな、と実感。
ともよん | DiveLog | 2009.09.21 Monday 12:32 | comments(0) | trackbacks(0)
Div#7月分と8月分
写真のみで超手抜き。

7月の分
結構海況が良かったのかな。透明度は8〜15mだそうな。
それ以上に天気が良かったから、フラッシュ切っても光が廻ってます。

8月8日
癖でカメラ持ったままバックロールしたら衝撃を与えたらしく、記録メディアの接触不良で撮影が出来なかったのが一回。
海が荒れまくってたのでカメラ持参禁止令が出されたのが一回。
しかも私の腕じゃ全然撮れてなーい。さすが透明度2〜10m。
ともよん | DiveLog | 2009.08.09 Sunday 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
DivLog#85-87
まずは写真のみUP。
Max ?m/?m/?m
Avg ?/?/?
DiveTime 30min./35min./45min.
Air 190->60kg/190->80kg/180->60kg
Tmp 20℃
Weight 2.0kg
Transparency ?

機材はスチールタンク、5mmワンピ、ラッシュガード。
デジカメを借りてみたので、#55と#56はオリンパスμ720、#57がFinepix F10。
使いこなせたらμの方が綺麗なものが撮れそうだけど、急いで撮りたい海中ならFinepixの方が操作がシンプルで楽か。

#2009.06.18 写真のリンクがおかしかったので修整(したつもり)
ともよん | DiveLog | 2009.06.14 Sunday 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
DivLog#82-84
写真UPしました。
Max 16m/21m/25m
Avg ?/?/?
DiveTime 30min./35min./32min.
Air 200->100kg/200->80kg/200->80kg
Tmp 15℃
Weight 4.0kg/2.0kg/3.0kg
Transparency 上8m下13m/上8m下13m/13m

機材はスチールタンク、5mmワンピ、ラッシュガード。#84だけフード付きベスト。
ウェイトはアルミとスチールがごっちゃになってました。スチールタンクでラッシュで4kgじゃ重すぎて溺死するかと。
ダイコン使えなくてゲージでAvg見んの忘れてた…。
潜行開始時刻も解らないから、後でメールで訊いておこう。


以下器材についてぼそぼそと。
続きを読む >>
ともよん | DiveLog | 2009.04.12 Sunday 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
DivLog #80-81
ようやく80本越え。海底遺跡まであと19本。
色々あったので翌朝の3本目は行かなかったのですが、通常がつがつ潜りたがる私なので素で3本目参加者にカウントされてて笑った。

Max 24.3m/25.4m
Avg 14.7m/15.4m
DiveTime 32min./30min.
Air 190->60kg/200->80kg
Tmp 24℃/25℃
Weight 3.0kg/2.0kg(スチールタンク、5mmワンピ、ラッシュガード)
Transparency 味噌汁状態

続き以降は「色々」部分のメモ。日本語に直す気はなし。
続きを読む >>
ともよん | DiveLog | 2008.09.14 Sunday 10:37 | comments(0) | trackbacks(0)
DivLog#小笠原写真
全然整理していなかった写真をようやく整理しましたので。

小笠原写真集

ウミウシ図鑑とか作ろうかな…。

私の周りをカンパチがぐるんぐるん廻ってくれるのを、自分もぐるんぐるん廻りながら見ていたら見事に方向感覚失って迷いかけたとか。
孫島平根で潮の流れが上下左右満遍なく翻弄されてびびったとか。
それまでマクロスキーだった私がイソマグロに遭遇して大物好きになったとか。

そんなあれこれの思い出の詰まった写真たちです。
ともよん | DiveLog | 2008.06.10 Tuesday 23:19 | comments(0) | trackbacks(0)
DivLog#77-79
ミジンベニハゼ今回の最レア魚・ミジンベニハゼ。
あまりの間違い探し状態っぷりに画像切り出してあります。
浮遊物が納まるまで粘る根性は無かったです。

Max **.*m Avg **.*m/
DiveTime 41min./
Air 190->60kg/190->70kg/200->80kg/cm2
Tmp 14℃
Weight 2.0kg(スチールタンク、5mmワンピ、ラッシュガード)
Transparency 10m-

結構にごってて透視度10m無かったような気がします。

以前からミジンベニハゼがいるのは知ってたんですが、現地ショップのにーさんから居場所を教えてもらえたので皆で探しに行くことにしました。
しかし微妙に名前が覚えにくいようで、何度もいろんな人に訊かれまして。
訊かれるうちにだんだん、いっちょボケたろか、っつー気分にもなるわけで。

キミちゃん:で、魚の名前なんやって?

クラ・私:ミジンコハゼ! ←綺麗にハモった

確かに他にボケようはないんですが、そんな思考回路までかぶらなくてもいいような気がしないでもない。

写真
ともよん | DiveLog | 2008.06.08 Sunday 07:21 | comments(0) | trackbacks(0)
DivLog #58-76
小笠原のDivLogをまとめて。

残圧は210or200→80〜50。
ウェイトは最初の二日が5kg、あとは4kg。
タンクは10リットルのアルミ。
5mmのワンピース+防寒用のラッシュガード

でした。
続きを読む >>
ともよん | DiveLog | 2008.05.05 Monday 23:06 | comments(0) | trackbacks(0)
Dive#機材メモ 外付けレンズ
通常使っているのがコンパクトデジカメ(Fujifilm FinePix F10)なので、遅かれ早かれ外付けレンズが欲しくなるのは目に見えています。
しかし出回ってるものは○○専用となっていて他の機種に使いまわせなさそうなのが気になってました。
古い機種だから、既製品ではもう出てない恐れもありましたし。

コレならマウントを変えるだけで、レンズ自体はコンデジ同士なら使いまわせそうです。
NIKONと同じ形式ですね。
私がイチデジ手に入れる可能性がどれくらいあるかによりますが、今のところ第一候補。

INON
AD Mount System(¥5,600-)
AD Mount Attachment Lens(Fisheye¥37,000-/Wide¥24,000-/Macro¥12,000)

これ調べてて気付いたのですが、老舗ハウジングメーカーのDIV Handsがしばらく営業をお休みするそうです。
カメラメーカーがこぞって純正でハウジング出してから、「純正ハウジングがあるか」ってのもカメラの選択基準になって、昔みたいにわざわざオーダーメイドしなくてよくなったもんなぁ。
なんだか一抹の寂しさが。
ともよん | DiveLog | 2008.04.02 Wednesday 13:30 | comments(0) | trackbacks(0)
Div#59 西伊豆某所R
Max 29.2m Avg 15.5m
DiveTime 41min.
Air 190->40kg/cm2
Tmp 14℃
Weight 3.5kg(スチールタンク、5mmワンピ、ラッシュガード)
Transparency 30m+

以前からエア持ち悪いのを気にしてたんですが、前日「動いてる量考えたら普通」と言われたので一安心しました。どんだけ動いてんだって話ですが。
別の人からは「立ち泳ぎだけ改善すれば大丈夫」といわれたんですが、これはBCへの給気の遅さが原因っぽいです。あとウェイト着けすぎかも。

安心したせいか今回は割とエア持ちよかったんですが、深場で水面見上げたときのあまりの抜け方にテンションが上がって大爆笑してしまい、120くらいあったはずが気付いたら100切っててびっくりしました。
深場ではしゃぐのもほどほどに、とゆーことで。

写真
ともよん | DiveLog | 2008.03.30 Sunday 07:21 | comments(0) | trackbacks(0)